男50歳これからどう生きるか⁉

男50歳がこれからの生き方について書いていきます。

男50歳これからどう生きるか!?



生活サイクルは間違っていないのか…?サイクルを見直すコツ

皆さん、こんばんは!シーソーです。

本日のブログはこのタイトルの説明からした方が良さそうですね。

 

 

自分の生活サイクル

 

皆さんそれぞれ「生活のサイクル」があると思います。

 

平日は学校や仕事、休日は趣味や用事などなど…

ある程度はルーティンになっている方が多いのではないかと思いますが、

私も例にもれず生活のサイクルはルーティン化されています。

 

昨年末にブログを始めました。

始めた頃は「1日1記事」という意気込みだったのですが、

いろいろあって(いい訳ですが…汗)、書けない日もありました。

 

「これではいけないなぁ~…」と思いつつも、

昨日もぐっすり寝てしまい、気が付いたら「朝!」になっていました…

 

「これは自分の生活サイクルに問題があるのではないか?」

と思いましたので、自分のサイクルを分析してみようと思います。

 

生活サイクルを分析

 

AM6:30  起床

AM7:30  自宅を出る

AM8:00  会社に到着

AM9:00  仕事 ※途中30分ほど昼休み

PM8:00  会社を出る ※平均的な時間

PM8:30  自宅に到着→夕飯 ※自分だけ

PM9:00  子供とお風呂→寝かしつけ

PM10:30  ブログ作成 ※家事の分担や他の用事がある時も…

AM0:30  就寝

 

仕事がある日はざっとこんなルーティンになっています。

詳細を分析して問題を抽出したいと思います。

 

生活の問題点

 

①まず基本的に朝食を食べません

②会社に着いてからの1時間も仕事しています

③ランチタイムは実質30分くらいしか取れていません

④定時はPM5:30なんですが、平均してPM8:00前後まで仕事することが多いです

⑤夕飯は奥さんと子供達は済んでいるので、一人で食べることが多い

⑥お風呂に入って寝かしつける時間が唯一子供とのコミュニケーションタイム

⑦睡眠時間は平均6時間

 

とまぁ、こんなところなんですが、

世の中もっと激務の人もたくさんいらっしゃるでしょうし、

「こんなん甘い甘い」という声も聞こえてきそうですが、

私にとってはなかなかキツいサイクルなんですよねぇ~…

 

問題解決

 

さて、当然こんな生活サイクルがいいとは思っていませんが、

じゃあどこをどう工夫すれば改善されるかも浮かばない程、

ルーティン化によってマヒしているかもしれません…(汗)

 

おそらく、仕事の拘束時間(ここでは自宅を出る~自宅に着くまでと設定します)を

短縮することが最も近道であるように思います。

拘束時間が約13時間になる訳で、1日の半分以上を費やしていますね…(汗)

この時間を短縮することで、他の時間にもっとゆとりが持てたり、

新たなことに時間を費やすこともできそうです。

 

『50歳、中間管理職、誰よりも早く出社し、誰よりも遅く会社を後にする』

 

まさに典型的な日本人な訳ですね…

仕事とはこういうものだ、中間管理職はこうするべきだ…

みたいな『昭和の働き方』が染みついた体や頭がそうさせるんです。

 

この考えを改めていかないと、いつまでもこのサイクルから抜け出せないでしょう。

f:id:SEESOO:20190117011214p:plain

能力がある人は要領良く抜け出しているかもしれませんが、

どんくさい私はいつまでも抜け出せずに、もがいているんですね…

 

勇気を持って抜け出す

 

ただ最近しみじみ思うんです。

定年まであと10年(今のところ)なんですが、

以前のブログでも触れたことがあったように、

これから先の過ごし方で老後が決まるといっても過言ではないでしょう。

 

でも、誰も私の老後の為に環境を変えてくれる人なんていない

変えることができるのは自分だ!…と

 

まとめ

 

自分がブログを始めたことで、

世の中にはブログを書いている人がこんなにいることも知りました。

それを読むことで、まだまだ新たな発見や心打たれる記事がたくさんあります。

 

そんな皆さんのブログをしっかり読んで情報収集し、

同時に今の仕事の改善・効率化などをしっかり進めないといけないな…

と改めて思いました。

 

慣れないブログの作成に2時間も費やしているという面もありますが、

やはり余暇がしっかり取れていないと、

何をするにも余裕がなく、結果が伴いません。 

ブログに費やす時間もしっかり作りつつ、他の時間も大切にしたいと思います。

 

本日もお付き合いくださり、ありがとうございました!

今後もよろしくお願い致します。