男50歳これからどう生きるか⁉

男50歳がこれからの生き方について書いていきます。

男50歳これからどう生きるか!?

80年代の音楽が好きなんです♪

皆さん、こんばんは!

今日は新しいカテゴリーの『音楽』について書いていきたいと思います。

 

「音楽はお好きですか?」

 

私は大好きです!

人生の様々なターニングポイントや思い出の時など…

必ず音楽の存在があったと思います。

「辛い時、音楽に助けられた…」

なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか?

音楽は偉大ですね!音楽ってほんとにすごいと思います。

 

ちょっと大袈裟に持ち上げ過ぎたかもしれませんが、

音楽についてよく思うことがあるんです。

それは、この世の中には無数の、数え切れない程の『音楽』というか、

『曲』があると思うんですね。

誰もが知っているような有名な『曲』もあれば、

コアなファンしか知らないようなマイナーな『曲』、

その国や民族にしかないような『曲』もあるでしょう。

 

どんな『曲』でも全く同じ曲なんてない訳でして、

全ての『曲』が個性であり、聴く人を惹きつけている…

『曲』を作る人もすごいと思うんです。

今までありとあらゆる『曲』が出ているにもかかわらず、

全く新しい『曲』が出来上がる。

 

「どんなジャンルがお好き?」

 

『音楽』、『曲』にはジャンルがありますよね。

私が音楽好きとは言え、どんなジャンルでも聴く訳ではありません。

やはり好みなジャンルがあります。

それはズバリ!『80年代』です!

 

「なぁ~んだ、普通じゃん!」と言われそうですが、

そうです、私は音楽の専門家でもなければ評論家でもなく、

ただ単に『80年代の音楽が好きなオジサン』です(笑)

 

前置きが随分長くなりましたが、是非お付き合いください!

 

「80年代」と言っても…?

 

邦楽?洋楽?それとも?

同じ年代の方はある程度共感して頂けるのではないかな~?

と思いますが、私の場合は主に『洋楽』です。

 

80年代の洋楽と言えばスーパースターが目白押しでしたよね!

今は亡き『マイケル・ジャクソン』

そして『マドンナ』

 

あとはイギリスのグループも人気でしたよね。

『デュラン・デュラン』

『カルチャー・クラブ』

 

 などなど…

名前を挙げ出したらキリがないくらいたくさんのアーティストが、

素晴らしい『曲』を聴かせてくれましたね。

 

「あ~懐かしい~!!」って思いませんか?(笑)

 

当時の『音楽』の聴き方

 

私が洋楽を聴き始めたのは、3つ上の姉の影響もありました。

当時、姉は高校生、私はまだ中学生だったのですが、

姉がよく聴いていたので、一緒になって聴いていました。

 

当時はCDなんてまだありません。

『音楽』を聴く手段は、ラジオ、レコード、カセットテープしかありませんでした。

今では考えられないですよね?(笑)

 

中学生ですからお金がありません。

少ないお小遣いからカセットテープを買い、

ラジカセでラジオ番組から流れる『曲』を録音する…

なんてことをしながら、好きな『曲』を集めて、

テープが擦り切れるほど何度も聴いたものです。

 

プロモーションビデオ?

 

テレビでも見て、聴くことができました。

確か当時は『プロモーションビデオ』と言っていたような記憶があります。

現在は『ビデオクリップ』とか『ミュージックビデオ』と呼んでいるんですかね?

 

その『プロモーションビデオ』を見ることができる番組が、

『MTV』だったり『ベストヒットUSA』でした。

いやぁ~懐かしいですねぇ~見てましたか?

 

テレビで見ることができるのはいいのですが、

番組の放送時間は深夜でした。

当時はまだビデオデッキが普及しておらず、

我が家にもありませんでした。

「録画して後で見よう」

ということができない為、

眠い目をこすりながら見ていた記憶があります。

 

『洋楽』にすっかり虜になった私ですが、

マイケルジャクソンやマドンナに代表されるポップスだけでなく、

他のジャンルや『邦楽』にも興味が広がります。

 

長くなってしまうので、今日はここまでにして、

また改めて書いていきたいと思います。

 

まとめ

 

実は『80年代の洋楽』は今でもよく聴きます。

…と言いますか、当時の好みで止まってしまい、

他の年代や他のジャンルはそんなに聴いていないんです…(汗)

ずっと…ずっと…好きな音楽を聴ければそれでいい…

何度聴いても良いものは良い!

これからも聴き続けたいと思っています(笑)

f:id:SEESOO:20190118004405p:plain

本日もお付き合いくださり、ありがとうございました!

今後もよろしくお願い致します。