男50歳これからどう生きるか⁉

男50歳がこれからの生き方について書いていきます。

男50歳これからどう生きるか!?



地下鉄で出会った爽やかな男性

皆さん、こんにちは!

珍しくこんな時間にブログの投稿です。

 

昨日は子供を寝かしつけている間に自分も寝てしまい、

目が覚めたら「朝」でした…

またまたブログを書くことができず、申し訳ありません…

 

参考までに私の生活サイクルに関しては、

過去のブログに書いてあります。

seesoo.hatenablog.com

生活サイクルを見直さないといけないですね…(汗) 

 

通勤電車で…

 

私は会社に通勤する時、電車(地下鉄)を利用しています。

朝はいつも同じような時間帯に乗る訳ですが、

私が乗る時間帯は本格的な通勤ラッシュの少し前なので、

運が良ければ6~7割の確率で座ることができます。

 

帰りの時間帯はマチマチですが、

朝と同様、さほど混んでいなければ座ることができます。

50歳にもなれば、なるべく座りたいですよね…?(汗)

 

座席の座り方

 

私が乗る電車の横長のイスは7人掛けで作られています。

f:id:SEESOO:20190123164818j:plain

イメージ写真

写真では分かりにくいかもしれませんが、

座面がデコボコしていたり、背もたれの「柄?」が7つになっていて、

座っている人が「詰めて」座れば、大人でも7人座れる幅があります。

 

ところが、特に帰りの電車でよく見る光景があります。

それは「詰めて座らない人」が結構多いということです。

f:id:SEESOO:20190123170425j:plain

イメージ画像

これは極端な例かもしれませんが、

実際よく見るのは6人しか座っていないケースが多いですね。

1人1人が詰めて座れば7人座れるのに、少しずつ間が空いていることで、

座れる人数が減ってしまう…

 

行きの電車ではそんなに見かけないんですが、

なぜか帰りの電車ではこのような光景をよく見ます。

なぜなんでしょう?

 

仕事帰り?飲み会帰り?買い物帰り?

気持ちが開放的になっているのか、

他のことに夢中なのか、それとも疲れているのか、

それで周りへの配慮の気持ちが薄れてしまっているのでしょうか…?

 

爽やかな男性とは?

 

ある日の帰りの電車に乗っていた時のことです。

そんなに混んではいませんでしたが、

座れるスペースもほとんどない状態でしたので、

吊革につかまって立っていました。

 

よく見ると7人掛けのイスに微妙に間を開けながら、

6人で座っている人達がいました。

すると、ある駅で30代前半くらいのスラッと背が高く、

爽やかな雰囲気の男性が乗ってきました。

すると、その微妙に空いている空間に座ろうとしたのです。

 

私はビックリしましたね。

その男性は割と細身でしたが、さすがにそのスペースには座れないだろう…

と思っていましたので。

するとその男性は「すみません、少し詰めてもらえませんか?」と

左右の人に言ったんです。

それを聞いてまた私はビックリ。

 

すると左右の人は怪訝な顔をしながらも、

お尻をプリプリしながら間を詰めました。

そしてその男性は詰めてくれた人達に向かって、

これまた爽やかに「ありがとうございます!」って言ったんです。

3度目のビックリですよ!(笑)

 

まとめ

 

そこそこ混んでいる電車の中でのお話しでしたが、

心の中で「若いのにしっかりしてるなぁ~!」と感心したのでした。

私も知らず知らずの間に周りへの配慮を怠っているかもしれない。

「気をつけなきゃ!」と思わされる出来事でした。

 

本日もお付き合いくださり、ありがとうございました!

今後もよろしくお願い致します。