男50歳これからどう生きるか⁉

男50歳がこれからの生き方について書いていきます。

男50歳これからどう生きるか!?



ブログを書こうと音楽を聴いていたら、他ごとに夢中になってしまったお話し

皆さん、こんばんは!

今日は一段と寒かったですね。

名古屋でもほんの一瞬、雪がチラリとしました。

風邪、インフルエンザに気を付けたいですね。

 

ブログを書く環境

 

私がブログを書くタイミングは、

子供達を寝かしつけた後~自分が寝るまでのほんの2~3時間です。

場所はリビング。

リビングテーブルにノートパソコンを出し、

そこにあぐらをかいて座りながら、パチパチ打っています。

 

いつもだとテレビをつけて、

何らかの番組を見ながら打っていたりするので、

気が散ったり、逆にテレビに夢中になってしまって手が止まるなど、

ブログを書くのに良い環境とは言えないかもしれません(笑)

 

今日は音楽を聴きながら…

 

今日は何となく音楽を聴きながら打とうかな?と思いました。

特に理由はありませんが、

テレビを見ながら打つよりは集中できるだろうと思った訳です。

 

では、どんな音楽を聴いているのか?

ということなんですが、私の音楽の好みは先日のブログでも書きました。 

seesoo.hatenablog.com

 

seesoo.hatenablog.com

 音楽を聴く時は、そもそも何で聴くのか?ということです。

昔であればラジカセ、レコードプレイヤーから、

CDプレイヤー、ipod…と進化していった訳ですが、

今はもっぱら「youtube」で聴いています。

 

音も良いし、探せばいろんな曲が見つかるので、

便利なんですよね。

 

何に夢中になったのか…?

 

そこでいろいろ探していたんですが、

探す音楽はやはり「80年代洋楽」でした。

数曲聴いて「懐かしいなぁ…」なんて思いながら聴いていたんですが、

ふとその中に「ユーロビート」を見つけてしまいました。

 

「ユーロビート」皆さん、ご存知ですか?

おそらく私と同じくらいの年齢で、

20代の頃に「遊んでた」人はご存知ではないかと思います(笑)

 

ご存じでない方に簡単に説明しますと、

1980年代~1990年代の若者の遊び方の1つとして、

「DISCO(ディスコ)」がありました。

今では「クラブ(高級クラブとかではない)」と呼んだりしますね。

「クラブ」です。発音は「→↑→」です。

「クラブ」ではありません。こっちの発音は「↑↓→」って感じです(笑)

これで伝わりますかね…?(汗)

f:id:SEESOO:20190127000845j:plain

イメージ画像

その「DISCO」の中で、大音量で流していた曲のジャンルの1つに、

「ユーロビート」というジャンルがあったんです。

その曲を久しぶりに聴いたら、テンションが上がってしまって(笑)

 

DISCOへ行くようになったきっかけ

 

初めてDISCOに行ったのは、まだ高校生の頃だったかな…?

(あ、ほんとはいけないんですよ!汗)

友達に連れられて、突然入った異空間とそこにいる多くの人達…

大音量の聴いたことがない曲を聴きながら「踊ってる~!」…と、

本当にビックリしたというか、「こんなとこあるんだ~」というのが、

正直な気持ちでした。

 

最初の30分…いや1時間くらいは場の空気になじめず、

踊り場の横にあるイスに座って、踊っている人達を眺めていました。

見兼ねた友達に手を引っ張られ、踊り場の中に入ったのですが、

踊り方もよく分からず、見よう見まねで踊りました。

かなり恥ずかしかったですね…(汗)

 

いつの間にかはまってしまった

 

初めて行った日はよく分からないまま帰りましたが、

心のどこかでまんざらでもない気持ちがあったのでしょう、

その後も何度か友達と行くようになりました。

 

何度か行くと徐々に曲も覚えてきて、

どの曲が盛り上がるとか、

この曲はこんな風に踊る…とかが分かるようになってきました。

そうです!いつの間にかDISCOにはまっていたんです(笑)

 

DISCOの目的

 

当時の「DISCO」、今で言う「クラブ」って、他の目的もありますよね?

共感して頂ける方はすぐにお分かりかと思いますが…

あまり下品な表現にならないように気を付けたいと思いますが、

要は「出会い」の場でもあった訳です。

 

私はもちろん、そこにいる女の子に興味はありましたよ。

でも…なんて言うんですかね…純粋に踊りが好きというか…

決して上手な訳ではないんですが、

その雰囲気に飲まれながら踊っているのが、楽しくてしょうがなかったんです。

 

「DISCO」や「クラブ」に行ったことがない人は想像がつきにくいかもしれませんが、

とにかく男女が入り乱れて、時には激しく、時にはセンス良く踊るんです。

そんな中から、なんとなく距離が近付いたり、

きっかけがあったりして男女が「出会う」訳です。

 

私の場合もそんなチャンスはよくあったんですが、

私もまだ若く、女の子との接し方に慣れていなかったので、

それ以上盛り上がることはあまりなかったですね(汗)

ほんと純粋に踊りに夢中でした(笑)

 

ユーロビートを聴いて…

 

DISCOにまつわる話しは、もっともっとたくさんあるので、

また機会がありましたら、お話しさせて頂こうと思います。

そこで随分長い前置きでしたが、ここから本題です。

…と言っても、話しは終盤ですが(笑)

 

 

「よし!今日はこの曲を聴きながらブログを書くぞ!」

と思った訳ですが、動画でもないのに聴き入ってしまって、

ブログの作業が手につかなくなってしまいました。

 

なんだか聴いていたら、当時の思い出が走馬灯のように頭の中を駆け巡り、

嬉しいやら、楽しいやら、ほろ苦いやら、

いろいろ思い出して涙が出そうになりました(笑)

 

まとめ

 

私がブログを書く場合、テレビを見ながら書くと、

テレビに気が取られて捗らない、

音楽を聴いても捗らない…

いっそ無音で書いた方がいいのだろうか?(笑)

 

今日はそんな感じでして、本当は他のネタを書くつもりだったんですが、

DISCOの思い出話しになってしまいました。

「あぁ…あの頃に戻りたい…」

 

本日もお付き合いくださり、ありがとうございました!

今後もよろしくお願い致します。