男50歳これからどう生きるか⁉

男50歳がこれからの生き方について書いていきます。

男50歳これからどう生きるか!?



「使えない」という言葉の「罪」

皆さん、こんばんは!シーソーです。

本日は「使えない」という言葉の「罪」について書いていきます。

個人的な見解ですが、私はこの「使えない」という言葉が嫌いです。

どのような場面で使われる言葉なのか?

なぜ嫌いなのか?を書いていきたいと思いますので、

是非、お付き合いください。

 

 

「使えない」という言葉

 

この「使えない」という言葉ですが、

使い方、使う場面がいろいろありますよね?

今回、私がブログに訴えたい「使えない」は、

「あいつ使えない!」みたいな感じで、

頼りにならないとか、あてにならない…ような時に使う、

「使えない」です。(ややこしいですね…汗)

 

どんな場面で使われるか

 

この「使えない」ですが、

仕事だけじゃなく、スポーツをしている時などでも使う時がありますよね。

でも、多くの場合は何かのミスをしたときなどに、

冗談っぽく「おまえ使えないなぁ~(笑)」

という感じで使われることが多い気がします。

 

なぜこの言葉が嫌いなのか

 

冗談で「使えない」という言葉を使っている分にはまだいいんですが、

最近はかなり否定的に使われる場面が多いような気がしています。

 

例えば仕事で、ある役割を決めるような場面で「〇〇君はどう?」

みたいな推薦に対して「あいつ使えないから」のような返しに使われる時です。

f:id:SEESOO:20190205002257p:plain


この「使えない」という言葉、

ある意味では便利に使えるんですよね。

先程も書いたように、頼りにならない、あてにならない、

という場合もそうですが、向いていない、こちらの思うようにならない、

という場合にまで使えてしまうんです。

 

すごく大雑把な言葉であると共に、

すごくその人を傷つける言葉でもあると思うんです。

それを平気で使う人がいることが「嫌い」な訳です。

 

自分はどうなんだ…という感情

 

私はこういうことを平気で言える人に対してはこう言いたい。

「自分はどうなんだ!?」…と

もし、その人のご両親やご家族が目の前にいる状況でも、

同じように言えるのか?

自分のことを差し置いて、

人に対して失礼ではないのか?…と、思ってしまう訳です。

 

すみません…珍しくヒートアップしてしまいました…(汗)

 

まとめ

 

人を物のように「使えない」という表現は好きではありません。

誰だって一生懸命やっている訳ですし、

能力や経験が自分より劣っているだけで、

(そう思い込んでいるだけかもしれませんし…)

人をこの一言で片付けてしまう。

 

私はそんな人間になりたくないと思います。

 

悪気なく使ってしまっているかもしれませんが、

相手の受け取り方次第では、信頼関係を崩壊させるかもしれません。

深く傷つけてしまうかもしれません。

少なくとも私は使いたくない言葉の1つだと思いました。

皆さんはどう思われますか?

 

本日もお付き合いくださり、ありがとうございました!

今後もよろしくお願い致します。