男50歳これからどう生きるか⁉

男50歳がこれからの生き方について書いていきます。

男50歳これからどう生きるか!?



初めて使った「ジモティー」で、そのすごさを知った訳

皆さん、こんばんは!シーソーです。

今日は「ジモティー」のすごさを知ったことについて書いていきます。

「使ったことある!」という方から、

「初めて聞いた」という方まで、よろしければお付き合いくださいね!

 

ゴミの問題

 

日常の生活の中から、

あるいは転居、引っ越しの際に大小様々な「ゴミ」が出ると思います。

 

日常出るゴミは地域、自治体によると思いますが、

ある程度の分別をして、所定の曜日に回収場所に出せば回収してくれます。

 

私が住んでいる名古屋市は、そこそこ分別が細かいです。

可燃、不燃、プラ、紙、牛乳パック、アルミ缶、スチール缶、瓶…

などなど、細かく分別しないといけません。

もっと細かく分別しないといけない自治体もあると思います。

 

「ゴミ問題」を考えると、細かい分別は仕方がない部分もありますが、

昔は可燃と不燃ぐらいしか分別していなかったですよね(汗)

 

日常のゴミは分別さえ気を付ければそれで処分できるんですが、

問題は「粗大ゴミ」です。

 

「粗大ゴミ」の問題とは?

 

ゴミ袋に入らないような大きなゴミは、

「粗大ゴミ」として処分する必要があります。

この「粗大ゴミ」がどのように問題かと申しますと、

まず、回収が月1回しかありません。

※あくまでも私が住んでいる地域の場合です。 

 

しかも基本的には「有料」です。

種類や大きさにもよりますが、1個あたり数百円かかります。

更に「手数料納付券」というシールを事前に購入し、

それを貼り付けて所定の場所に出しておかないといけません。

 

ということで「粗大ゴミ」が出てしまうと、

少々面倒なことを行わなければいけないんですね。

 

「粗大ゴミ」を「ジモティー」に…

 

前置きが長くなってしまいましたが、

昨年、我が家で「粗大ゴミ」が出てしまいました。

 

私達家族は、今、マンションに住んでいるんですが、

子供達が床をドンドンやって、

下の階の方に迷惑をかけてしまってはいけないので、

「防音マット」を床に敷き、その上にカーペットを敷いていました。

 こんな感じの商品です。

これを敷いたからといって、

実際にどれくらい防音ができていたかわかりませんが、

程よい硬さのクッション性と重さがありますので、

それなりに効果はあっただろうと思います。

 

子供も成長してきて、

以前のように部屋でドタバタ暴れることもなくなってきたので、

昨年の秋頃に取り外したんです。

当時はこの防音マットを12枚、約33,000円で購入したんですが、

これを粗大ゴミとして処分すると、

12枚で数千円のお金が必要になってしまいます。

 

約5年ほど使用したので、

多少の傷や汚れはありますが、

クッション性などの機能はさほど劣っていないと思います。

なんだか「捨てるのもったいないなぁ~…」なんて思っていた時、

「ジモティー」を発見しました!

f:id:SEESOO:20190212195615j:plain 

捨てればお金を払わないといけませんが、

売れば「逆」ですからね!

 

ジモティーを選んだ理由

 

売るなら有名なのが、

「ヤフオク」とか「メルカリ」なんかがありますが、

今回の「防音マット」は1枚で6kgほどの重さがありまして、

送る手間や送料が相当な額になりそうだったんです。

 

「ジモティー」「ヤフオク」「メルカリ」と違うところは、

名前のごとく「地元」という所にフォーカスが当てられているので、

送らなくても「取りに来てもらう」ということが比較的容易なんですね。

 

実際に商品を出品している人も、

探している人も「直接手渡し」が前提の取引が多いようです。

 

なので、ジモティーの場合は「売る」だけでなく、

「無料で譲る」という取引もたくさんあるんです。

粗大ゴミを処分すれば1点につき数百円かかりますが、

欲しい人に取りに来てもらえばお金はかかりません。

 

実際に出品してみたら…

 

昨年の秋頃に取り外して以来、

「どうしよう、どうしよう」と言いつつも、

今までずっと放置していたんですが、

さすがに「なんとかせねば…」と思って、

今朝、写真を撮って出品してみました。

この段階で値段も設定します。

 

するとどうでしょう!

出品して数分後、「買いたい!」という方からメッセージが!

引き渡しの日や場所などをやり取りしている間に、

更にもう1人から同じく「買いたい!」というメッセージ。

1人目の方との取引が成立しそうでしたので、

2人目の方はお断りすることになってしまったのですが、

この短時間で2人から申し込みがあるとはビックリしました。

 

取引が決まったので、出品情報は削除しましたが、

このまましばらく投稿したままだったら何人から申し込みがあったのか…

 

1人目の方と引き渡す約束をし、

現金はその時に受け取るということで取引成立です。

 

今回の取引相手の方は、

メッセージの文面からしておそらく業者の方ではないかと思い、

根拠はありませんが、大丈夫ではないかと思いました。

 

 

その後の取引はどうだったのか?

 

取引相手とジモティーのサイト内でメッセージのやりとりを行い、

不用品の引き渡しの日時や場所を連絡しました。

 

今回の取引相手がとても親切で丁寧な方だったので、

やり取りに時間がかかったり、不安になることはありませんでした。

 

予定通りの時間に予定していた場所に行き、

お互いのジモティーID名を確認しました。

とても優しそうで真面目そうな雰囲気の方で安心しました。

 

不用品をお渡しして、取引代金を現金で頂きました。

びっくりするほど、スムーズに取引ができました。

 

お帰りの後、お互いにジモティー内のメッセージでお礼のやり取りを行い、

最後は「お互いのIDを評価する」ことで取引終了です。

 

ジモティーの運営はどうなっているのか?

 

取引代金の一部を手数料で取られることもなく、

あくまでも自分の提示価格、

あるいは交渉の末、決まった価格で取引ができます。

ジモティー会員登録費や年会費も無料。

取引の手数料も無料。

 

…ん?

 

じゃあジモティーってどこで利益を得て運営してるんだ?

という疑問が出てきますよね。

 

調べてみたら、ジモティーのサイトの広告料で運営しているそうです。

想像ですが、儲けに走っていない運営に好感が持てますね!

 

気になる方は一度商品検索だけでもしてみてはいかがでしょう?

「え?これがこの値段?」

あるいは

「え??これがタダ??」

という不用品がたくさん出ていますよ!

 

出品する側からしたら「不用品」ですので、

少額あるいはタダでも、

処分費用を払ってまで引き取りに出さなくてもいい訳ですからね。

 

まとめ

 

まさに「需要と供給」がピッタリはまれば、

お互いにとってハッピーになる、素晴らしいサイトですね。

f:id:SEESOO:20190217231735j:plain

 

今回の私の取引は、お相手の方の人柄が良かったので、

とてもスムーズに完了できましたが、

他の取引ではトラブルの例も少なからずあるようです。

ご利用になる際は、その辺りの情報収集をされてから、

お取り引きされることをオススメします。

 

本日もお付き合いくださり、ありがとうございました!

今後もよろしくお願い致します。