男50歳これからどう生きるか⁉

男50歳がこれからの生き方について書いていきます。

男50歳これからどう生きるか!?

LINEのメンションという機能は便利だが、仕事では使い方を気を付ける必要があると思う話

皆さん、おはようございます!シーソーです。

お手持ちのスマホやPCなどで「LINE」は使っていますか?

私はとても重宝しているので、

仕事用でもプライベート用でも利用しています。

f:id:SEESOO:20190414234149j:plain

 

とても多機能で便利な「LINE」ですが、

その機能の中の1つ「メンション」という機能について、

本日は記事を書いていこうと思います。

 

使っている方も使っていない方も、

きっと参考になると思いますので、お付き合いくださいね!

 

 

LINEの良さ

 

「LINE」を使っている方は、

私の周りでは結構多い方だと思います。

 

私もそこそこ長く使っていますが、

「LINE」の良さってこんなところだと思っています。

  • 電話するまでもない用件を伝えたい
  • メールだといちいち開封したりするのが面倒…
  • 特定の人達と同時にやり取りをしたい(グループ)
  • 相手がメッセージを確認すると「既読」が付く

他にももっとあると思いますが、

私の使用範囲ではこれくらいが主な便利な機能だと思います。

 

それがここ最近、会社の若い人たちから始まった、
「メンション」という機能が使われるようになってきました。
 

メンション機能とは?

 
「LINE」で複数の人とグループを作ることがあると思いますが、
基本的にはグループの中の会話って、
全員に対して発する言葉が多いと思います。
 
ただ、会話のやり取りの中で、
時には「グループの中の特定の人にメッセージを送りたい時」があると思います。
(※あくまでも私の使用方法に特定した内容です)
 
例えばこんな感じです…
  • A「今度飲みに行こうよ!」
  • B「いいねぇ~今週の金曜日はどう?」
  • C「OK!いつでもいいよ!」
  • D「金曜日は都合が悪いんだよね…」
  • A「他の曜日は?それとも来週の金曜日ならどう?」

この会話の最後のAさんの言葉です。

 

この場合、もちろんメッセージは全員に届いてしまいますが、

飲みに行く日程を決めるにあたり、

今週の金曜日が候補だったものの、

都合が悪いというDさんに対して、

代案を確認するメッセージを送りたい

という状況だと思います。
 
今までは上記のように特に機能を使うことなく、
会話をやり取りしていましたが、
「メンション」機能を使用すると、
会話は以下のようになります。
  • A「今度飲みに行こうよ!」
  • B「いいねぇ~今週の金曜日はどう?」
  • C「OK!いつでもいいよ!」
  • D「金曜日は都合が悪いんだよね…」
  • A「@D 他の曜日は?それとも来週の金曜日ならどう?」

こんな感じです。

 

どのように使うの?

 

グループトークの画面で対象の人の名前をタップしてみてください。

するとコメント欄に、

「@〇〇     」

と、その人の名前が自動的に入力されます。

 

そこで名前に続いて用件を入力して送信することで、

あたかもその人に対して送ったような感じに表示されます。

 

これにより先程のやり取りを解説してみます。

 

今週の金曜日の都合が悪いDさんに対して、

Aさんが「他の曜日か来週の金曜日の都合ならどうか?」

ということをDさんに特定して聞いているように見えるんです。

 

まぁ便利な機能ですよね…?

もっと上手な使いこなし方があるのかもしれませんが、

私が使用するレベルはこの程度です(笑)

 

では、何を気を付けるのか?

 

本日のブログのタイトルに「仕事では使い方を気を付ける必要…」

と書いてありますが、何を気を付けなければいけないのか?

説明したいと思います。

 

理由は単純です。

「画面上では”呼び捨て”になるからです」

 

詳しく説明しますが、

先程、トーク画面で対象となる人の「名前をタップする」と書きました。

するとコメント欄に「@〇〇     」と自動で入力されるんですが…

そうです!ここです!

 

その人の名前が@〇〇と表示されますが、

あくまでもその人の登録名がそのまま表示される訳です。

この対象者が家族や友達、会社でも同期か後輩なら問題ないでしょう。

 

これが会社の先輩や上司だったとしたら…?

例えば「はてな部長」という方にメンションを送ると…

「@はてな 今週の打ち合わせの件ですが…」

みたいな言葉がトーク画面に表示される訳です。

 

当然ですが、メンションの機能では、

役職とか”さん”は自動的に付かないんですね。

(※自分で入力すれば可能です)

 

よってトーク画面では「呼び捨て」のように見えてしまう訳です。

f:id:SEESOO:20190311234307j:plain

これを気にしない若い人達…

 

私が初めてメンションでメッセージを受けた時に、

この機能が新しくできたことを知った訳ですが、

上記の例のように「@〇〇 先程の件ですが…」

というようなメッセージを部下から受信しました。

 

初めて見た時は「なんだ?この@マークは?」

ぐらいにしか思っていませんでした。

 

何度も受信している間にどのような機能であるのかはわかりましたが、

「なんか呼び捨てみたいに見えるよなぁ~…」

と思うようになりました。

 

世間の若い人がみんなこんな風という訳ではないでしょうし、

たまたま私の勤めている会社の若い人達が、

このようなことを気にしないタイプなのかもしれません。

 

ただなんとなく、気持ちの良いことではありませんよね…

注意すれば済むことかもしれませんが、

「そんな些細なことで注意するのもなぁ~…」

「それくらい自分で気付いて欲しいけど…」

という心理が働いてしまって、

今のところ何も指摘はしていないです…

f:id:SEESOO:20190301002612j:plain

 

まとめ

 

LINEという便利なツールはこれからも使用すると思います。

その中の「メンション」という機能。

グループトークの中で、特定の人にメッセージを送りたい場合は、

すごく便利な機能だと思います。

 

ただ、先輩や上司など目上の人に送る場合は、

”さん”を付けるとか、役職を付けた方が無難」ではないかと思います。

受け取り方は人によって様々ですから…

 

こんなことをブログで書いている私は、

考え方が古いのかもしれません、

言っていることが細かいのかもしれません、

ただ、このような日々のちょっとした人と人とのコミュニケーションの中で、

ちょっとした気配りって大切だと思うんですよね。

 

私はこれからも「目上の人に対してメンションを使うつもりはありません」

(※自分で役職や”さん”を入力すればいいんですが…)

 

皆さんのご参考になれば幸いです。

 

本日もお付き合いくださり、ありがとうございました!

今後もよろしくお願い致します。